カテゴリー別アーカイブ: コラム

練馬区議会議場の国旗掲揚の陳情扱いについて

 8日、練馬区議会議会運営委員会において「国旗掲揚について」討議された。
 
 陳情内容は「議場に区旗と国旗を掲げる」ことへの陳情への扱いについての可否です。
 結論から言えば、民主党の会派として今陳情について採択としました。

 昨日の議会運営委員会には、多くの傍聴者が入り、委員の発言を傍聴し、紆余曲折な感情になったと思います。
 私も発言をしようと挙手をしましたが、委員長は「動議」を出した方を先に指してしまったため、発言をすることができず残念でした。

 そこで、その思いも含め、私の考えているポイントを掲載いたします。

  1.共産党さんが、この国旗の下で戦争になっていたと発言されていることは危険と思っています。私の父は、大正8年生まれで、今年の1月末に96歳の年齢で大往生をしましたが、昭和16年は、23歳という年齢で、海軍に入隊。
  その後、南方の戦場に行き、捕虜時代を過ごし、28歳で引き揚げ、その後結婚し、4人の子どもを育てるために、必死で働いてきました。
  高度成長の要となっている世代です。そんな父は、必ず、夕食時になると、戦争時代の話をし、子ども心に「またかー。」と斜めにしか聞いていなかったのですが、今思うと、この語りがしっかりと刷り込まれている自分を感じています。
 父は「戦争の悲惨な出来事は、再び絶対に起こしてはいけない! そして絶対忘れてはならない。」また、「お国のためなんかで、みんな戦ってはいなかったか。その時代の流れがあったし、生きることに必死だった」と。その言葉を繰り返していた姿を討議の中で思い出しました。

  2.私は、その言葉の意味をじっくり考えた時、国旗=戦争と繋げていくのは危険と思っています。
つまり、「戦争」は決して起こしてはならないことは当然なんです。ところが、戦争の始まりが、国旗を掲げることで戦争になる方向で討議してしまうと、反対しなかったから・・・・・・。という構図になってしまうことでの利用をしてはならないこと。
そして、「戦争」事態をしっかりと抑止していくためは、政治に携わっている者への責任の重さと同時に民衆もしっかりと抑止力となっていくよう行動していくことこそが重要になると思うのです。

  3.国旗は日本人民族としてのアイディンティティとしての象徴と考え、スポーツの世界では、必ず国旗掲揚がされます。諸外国との関係を考えても否定されるものではありません。
 
  4.民主党が一度政権を担った側として、簡単には否定できないこと。国家の未来と責任をもちグローバル的な視点でいくことも必要と考えており、この点については、共産党の志位書記長も、政権をとった暁に向けたご自身の意見を書いてます。
 
  5.では、議場に掲揚する必要があるか否かとなりますが、これは、いつにすることがよいのかという悩ましい問題になります。過去においても、平成5年より討議がされ、1999年(平成11年)の法の施行がされた時でも物議をかもしていたようです。私としては、今でなくてもという声に対しても理解できます。ですが、ではいつならよいのか、となります。今がその時期なら、一定の方向の必要もあるといえばあると思っています。
23区中15区がすでに掲揚状況です。

区民の方に聞いても、どちらでもよいことでは・・・・・・。それよりも、もっと考えていかないことがあるはず・・・・・・。とのご指摘も。

以上。昨日から本日の流れと私の考えと会派としての姿勢での説明をさせていただきましたので記載をしました。
ご意見もあろうかと思います。何なりとご連絡ください。

  
  

「南の島の大統領」を鑑賞して

K’Sシネマで公開中の「南の島の大統領」ー沈みゆくモルディブーを見に行ってきた。

モハメド・ナシード 1967年生 イギリスの学校で大学まで過ごし、その後、政治活動をモルディブ共和国で行うため、そして、民主政治にするため、活動をつづけ、独房監禁や監獄に収容されるも、信念を変えることなく雑誌などの発行を地道に進めていく。

2003年に、若者が、刑務官の暴行を受け死亡。母親が、民衆に亡骸を公開したことから、30年続いていたマウムーン・アブドゥル・ガユール政権から、大統領に就任した。

就任直後に、大きな問題となったのが、環境破壊つまり地球温暖化による海面が1m上昇していくと国土の80%がなくなるという、2000の島々がなくなる危機を打破するため、国連会議や諸外国への首相らと談判し、反響と賛同を得た大統領である。

彼の随所から出る言葉に大いなる感銘を受けた。

「民主主義を導入したのは、子どもたちを独房に入れたくなかったから。環境難民にもさせたくなかったから。滅びるわけにはいかない。必ず、生き残る、それを実現させるにはどんなことでもやる。」「これは命を守るために勝たねばならない戦いだ」「安定した民主政治がなければ、気候変動問題に取り組むのは困難だ」「気候変動問題の解決は、不可能だと言われている。だが、宣言する。我々は、希望を捨てない。」……。

2012年に、辞任を求めるデモが起き辞任をしたが、2013年9月の大統領選に向け、国内で精力的に選挙活動をしているとのことです。頼もしいですね。

コペンハーゲン合意で、モルティブが沈みつつある現状と、26か国の中で、COP15か国で、温室ガスの削減の約束と、何よりも、様々な国に環境破壊を考えてもらえるCO2の量やと交渉をしていく行き詰りや駆け引き、何とか、勝ち取った歓喜の姿など、学ぶべき姿勢で胸が熱くなった。

台風18号や竜巻、色々な自然災害が、この日本にも起きている。本当に、真剣に自然に向けた気候変動への対策や国々との交渉にぜひ取り組んでもらいたい。いきたいものです。

 

 

3月9日に開かれました、ペット同行避難のレポートが完成しました!
実際災害が発生したら練馬区での対応は?
ペットを飼っていない方も参考になるものになっておりますので、ぜひご覧ください。
※画像をクリックするとPDFが開きます。

20130309pet

 

 

区民のみなさんと懇談会

区民の方々と「練馬区の自治体の状況やこれからの住民自治の参加のあり方」について懇談会のお誘いがあり参加しました。陳情の取り扱いの方法や都民投票の経緯と今後についてなど、ざっくばらんに意見交換をした2時間で、意義ある内容と感じました。
私は、以前より、住民自治のあり方や主権在民として、如何に、区民が自分の事として政治に参加していく仕組みを取り入れていけるか。を考えていました。

何故なら、
この練馬区の人口規模は70万人と大きくなっていること。
社会的な経済状況から、区の財政には猶予がないこと。
練馬区の地域性の問題は、東西の地域性として、課題が違うこと。etc

これからは、行政だけ、議員に任せていば・・・では。解決していきません。そして、将来的な展望としのプロセスとしては、この時期から見つめていかなくては、将来的にも大丈夫危機感すら感じています。今から出来る事を区民の皆さんと考えていく・・・。そんな対話のある区政にしたいと考えています。
私は、区民の皆さんとの対話をすることは好きですし、意見の交換をしながら共に考えるために、区の現状の情報提供をしていくことも自身の責務と考えています。
今日は、大変、勉強になりました。ありがとうございました。

そして、最後に、参加された区民の方が、練馬区のHP上で公開されている「区内12箇所における空間放射線量の定期測定について」の数値一覧表を区の地図に落として、マークされたものを見せていただきました。地図に落として見ると、区の東部側のほうが、西部に比べて数値が高いことなど、数字を並べただけでなく、ビジュアル的にしてみるとわかりやすく、まさしく区の所管している「GIS」の機能を区民の人がコツコツと地図に落としていたこととなり、こんなに機能の高い「GIS」が活用されず、区民サイドに立っていない情報提供に残念な思いも感じた。この方は、「自分で地図に落とし、子どもとの散歩の際の判断の一つとしているので・・・。」とのこと。本当に、正しく、判りやすい情報提供を区が行い、判断は区民一人ひとりが考えていくような公開性の姿勢を、今、区民は求めているのではないか。

消防署員の日々の努力に敬意を

2日は、地元消防団員として、光が丘消防署管内の救命実施訓練の効果確認を地域の自治会・管内の医療機関の医師・看護師・消防団員ら招き、日頃の訓練成果への理解を求めるべく見学会が開催されました。私も消防団員の一人として参加してきました。それぞれの隊の隊長らが、重症の外傷を負った複数の傷病者が発生したことを想定し、そこに、救急隊員らが駆けつけ、救急隊長の判断、ポンプ隊員らとの連携の内容や応援救急隊員への引き継ぎなどの現場での様子を手抜きすることなく、臨場感そのものでした。、見学していても緊張感が伝わっってきました。日頃の救急隊のご苦労を身近にし、まさしく日頃の訓練に敬意を評し、それと安易な救急車を出動させるような行為は改めていくことへの啓発もして行かなくてはと思います。

ところで、みなさんは、隊長と隊員の違いがわかりますか。
実は、ジャンパーの色や左腕のワッペンのマークがあるなどの違いなのだそうです。
日々の訓練と試験もあり、技術を(スキル)を高めていくなどでワッペンの色なども違うそうです。本当に良い勉強となりました。ありがとうございます。

また、心臓マッサージのやり方が変わったことを知っていますか。
今までは、心臓マッサージを15回だった心臓マッサージは30回に増やし、口と口をつける人工呼吸に抵抗があれば、「マッサージだけでもOK」と
なりました。つまり、人工呼吸法を取り入れるより、心臓マッサージだけやり続けたほうが効果的になる。ということから、現在、総務省と厚労省で啓発しています。
みなさんも共に多くの方々に教えていただきたいと思います。

新しい構成の下で、この度、新幹事長になりました。

第二回定例会終了し、人事議会の流れは、役職や担当委員会の所属を決めていきます。わが会派は、下記のようになりました。
民主党・無所属クラブ 幹事長 白石けい子 ・ 副幹事長 石黒たつお ・ 政調会長 倉田れいか です。よろしくお願いいたします。
委員会は、常任と特別があります。 白石けい子―企画総務委員会・清掃リサイクル等委員会  石黒たつお―文教児童青少年委員会・交通対策等委員会   倉田れいか―区民生活委員会・医療・高齢者等委員会  浅沼敏幸―環境まちづくり委員会・災害対策等委員会  土屋ひとし―健康福祉委員会・交通対策等委員会です。あと、各種委員会に所属していきますが、ちなみに、私は、財産価格審議会と土地開発公社評議員会 になりました。

会派の幹事長として幹事長会がありこの機関はオフレコですが、議会運営をスムーズにしていくための交渉会派の一人として、活発な意見交換も交わしていかれたらと思います。
8月の下旬から9月にかけて、各種団体との懇談会も予定としています。

さて、今週30日の土曜日に1泊2日の「練馬型てんでんこ視察 in 東北」を行います。学ぶことの多い内容ですし、区民の方も参加してのツアーとなりました。また、報告会の開催のご案内をしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

「練馬型てんでんこ」勉強会に多数の参加者の中、無事終了

5月27日(日)14時~16時 谷原の総合教育センター 参加者 39名 と盛会のうちに無事終了しました。

当日の流れは、
 13:45~   「東日本大震災の記録」のビデオを視聴
 14:00~   「練馬区の特長は?ー災害対策に向けた、環境のデータからー」
   15:00       練馬区震災対策課 毛塚課長より
 
 15:00    グループディスカッション 「あなたの身の守り方は?」
  ~15:25    「てんでんこ」の意味とまとめ 
 15:35    「てんでんこ」東北視察ツアーの説明会 
  ~15:45
  15:50    閉会 

 区民の皆様からも質問が出るなど、真剣に区の話を聞き、ディスカションでは、活発な話し合いがされていました。
 
 さて、ねりまの助産師会「SONGOサロン」代表の方から、
  「練馬区の地域防災計画の中ではは、医師会や歯科医師会・薬剤師会らと協定がなされているが、是非とも私たち助産師会ともお願いをしたいのだが・・・・・・。」とのメッセージをいただきました。

 確かに、医療面での協定はされていますが、特に、弱者である妊婦さんや子育て中の家庭への支援対策に、専門分野の体制がなされていないですよね。 これは、早急に対策を考えていきたいと思います。とても良いアドバスと要望をいただきありがとうございました。

 そして,「てんでんこ視察」を開催します。
 日時は、6月30日~7月1日の 一泊二日 35,000円ほどかかりますが、クラブツーリズムのパックです。
 内容は、【一日目】  
 東京駅(8:08-9:30)- 【新幹線】-【途中乗車】大宮駅- -仙台駅- 【移動時間約40分】- 
 塩釜- -(津波の緩衝となった島々をめぐる「松島湾遊覧船」)- 松島(さかな市場でおい物)- 【移動時間約80分】-南三陸温泉(泊)
 ※16時30着予定 リアス式海岸志津川湾を一望する高台に立地する絶景ホテル {宿泊 : 南三陸ホテル観洋 0226-46-2442}
 【二日目】
 南三陸温泉- 【移動時間約160分】-<三陸海岸たどる国道45号線を北上/気仙沼・陸前高田「一本松」・大船渡など車窓から視察>- -釜石
 (港を見渡す高台から「湾口防波堤」を一望し、被災地を視察/地元震災体験ガイド同行)- 【移動時間約90分】-浄土ヶ浜(保たれた美しき景観)
 【移動時間約50分】-小本- –<11年11月現在、一部手旗信号で運行中「三陸鉄道」>– -宮古- 【移動時間約160分】-盛岡【新幹線・禁煙車】-
 【途中下車】大宮駅- -東京駅(20:30-22:08)  

 なかなかハードですが、当時の状況の様子の語り部や三陸鉄道に乗車するなど、ハードですが、中身のあるコース思います。 是非、一緒に参加してみませんか。

 直接申し込みもできますが、私からもまとめて申し込むこともできますので、お気軽にご連絡ください。

 

 
  

     

練馬てんでんこの勉強会を行います。

JUGEMテーマ:ニュース

 大型連休に入り、私ごとですが、近所に住まいの移転をするため、ただいま断・捨・離をしています。近所ですが、住所の変更をしていきます。でも、私の原点であり、これからも大切な「保育&介護」のぽかぽかへの仕事の関わりもありますので、眼と鼻の先ですので、ご安心ください。
 さて、ここのところの地震も起こり、少々心配です。
恐れることばかりもよくありませんが、日ごろからの備えは、減災にもなりますので気になることや発災時の行動のとり方をご家族で話し合っておきましょう。
 昨年の東日本大震災の釜石市などでは、『津波てんでんこ』の言い伝えを守り、日ごろからの教育が功を奏したことから、死者を出さずにすんだと話しはよく知られています。
練馬区は、津波の被害への危険はありませんが、家事や家屋の倒壊など、また違う被害が起こることは考えていかなくではならないでしょう。
そこで、私は、この練馬区の中でも、それぞれの避難が考えられる「練馬てんでんこ」の勉強会を行い、地域の中でも安心して暮らせるよう始めていていきたいと思います。
 第一回目として、下記の内容で行います。
練馬区の現状や地理状況・避難計画などお示ししながら、皆さんと考えてみたいと思います。
どうぞ、お気軽にご参加ください。
「白石けい子と考える練馬てんでんこ」
  日 時 5月27日(日) 午後2時~4時 
  場 所 谷原の総合教育センター2階 会議室
  ゲスト 専門分野の講師を検討中
 
※この会終了時、「区民のみなさんと被災地の視察に行き、共に学ぼう」の説明会を行います。

被災地の女川町等の会派視察に行く

がれき撤去・コミュニティ放送・ペット避難
 3月28・29日にかけ、民主党・無所属クラブ5名の議員で行ってきました。
 仙台市でレンタカーを借り、まずは女川町へ。
 被災され、山積みとなったいるがれきの撤去に、東京都がいち早く声を上げ、放射能測定を3回も行うなど、綿密な工程で仕分けをしながら東京に運ばれるとのこと。女川町のがれきだけでも、来年の3月までかかり、大変な状況下であることがわかる。
 また、海岸線より高台の中腹の施設には、4階部分の屋上から、青いブリキの屋根がドレープしたカーテンのように残っている光景を見て、津波のすごさを痛感した。
 次に、石巻市のコミュニティfmに行く。
 この放送局も、阪神淡路大震災の後に「災害放送」の役割として立ち上げ、自主活動をしてきたが、被災後は、行政の役所内一角に移転して、安否確認や避難所の様子などを放送し続け、現在は、駅前の家賃が安価なところに移転・人件費もボランティア参加や非常勤対応で何とか運営しているとのこと。だが、スボンサーの激減もあり、今後の不安がある中、何とか続けていきたいの言葉に考えさせられた。
 この練馬区も周波数の枠が取れた場合、行政は行うと言っていた。ところが、運営の体制については、行政か、株式としての一団体として運営していくべきかへのスパンができてはいないため、大きな課題があることを考えさせられた。
 最後は、石巻市の阿部動物病院を訪問し、「ペット避難同行について」スライドを通して懇談をした。
 避難所の同行が可能にしていくためにはどうしたらよいか。しつけ?予防接種?企業との協定?・・・。課題はたくさんあるが、実は、ペットだけではなく、この問題は、すべての避難体制に対してもいえることではないか、とあべ医院長の言葉により共感をしました。
高齢者・障害者・乳幼児の家庭・・・。同じように命と家族があるのである。優先順位は決められない。むしろ、瞬時の判断と陣頭指揮から環境の整備をしてあげていくことで、少しでも快適な避難生活ができるよう配慮していくことが重要と考える。
 29日は、仙台市博物館に行く。
 無料ギャラリーでは、日本写真協会の集約・編集した【生きる】という写真展が開催されていた。
 日日新聞の現物や避難呼びかけをしたあの南三陸の防災センターが破壊されていく様子を時系列で連写され、屋上にいた多くの方々がどのようになったか。想像しても怖くなる写真でした。
 私は、今年こそ「練馬型てんでんこ」啓発に向け、力を注ぎ、実現向けて尽力していきたいと切に思った視察となりました。

JUGEMテーマ:ニュース