月別アーカイブ: 2008年6月

会派人事決定

 議会も今日一日で、一息つきます。
 我が会派(私は、この言い回しをあまり好きではありませんが…)
 の人事も決定しました。
 幹事長…山田 かずよし 副幹事長…野沢 あきら 
 政調会長 藤井とものり 副政調会長…白石 けい子 となりました。
 
 私も2年目となるので、諸先輩方にいつまでも甘えていてはいけないと
 積極的に手がけていきたいと考えています。
 
 特に、9月の決算委員会は、昨年、平成19年度の予算として、係わって
 きているので、しっかりと見るて、質問をしていくためにも、この
 夏の時間が貴重だからね。と己に喝を入れる私との自問自答です。
 
 もうすぐ、議会レポートも出来上がり、また皆様のお手元にお届けいたします。
 これからも一層の努力をしてまいりますので、よろしくお願いいたします。
 

新委員会決定!

今定例会は、人事議会として後半を迎えています。
 私は、常任委員会を「区民生活委員会」から「文教委員会」に。
特別委員会を「高齢者・医療等特別委員会」から「総合計画等特別委員会」になりました。
 また、各種委員会では、「情報公開および個人情報保護運営審議会」・「日本大学医学部付属練馬光が丘病院運営協議会」に属することが決まりました。
 どの委員会もそうですが、かなり勉強していかなくては、ならないなぁー。と当たり前ですが、区議会議員2年目として、より一層身を引き締めていきたいと思っていますショック聞き耳を立てる

タヌキさん。健やかに成長中

 我が家の床下が、何かと騒がしくギャーギャー…!
と騒がしい声がし、我が家の猫や犬が床をじっと見ている
日々が続いているうちに、ついに本性を現しました。
 
 実は、それがタヌキさんの親子でした。
4匹~5匹の子だぬきが私たちの前に出てきたのです。びっくり
 アイビー等の茂った土から床下に穴をあけて、子どもを産んだのです。
私たちも手が出しにくいところなので、安心して、目の前を横切ったり
しています。デイサービスの利用者の方も「まぁーかわいい!」と、
ちょっとした一時となっていますね。
 雨が続き雨心配ですが、晴れ間が見えると、また顔を見せて
くれます。
 
 皆さん、知ってましたか、タヌキは、珍獣なので、区では駆除できず、
東京都に相談し、専門家による捕り物なのだそうです。
 そして、その費用は、依頼者(つまり、我が家が)支払うことの説明を
受けました。それも、半端ではない費用だそうです。
 ただし、危害を加えたら、警察に通報して、事情が変わるそうです。
何んか、理に合っているような、ないような…。
 
 でも、かわいいし、たくましく育っているタヌキ親子であります。
いつ、我が家から巣立っていくでしょうか。
また、ご報告いたします。

本日終わりました

一般質問無事終了しました。
前半、早口で「わぁーっ、時間余ってしまう」と、
慌ててトーンダウンして、途中カミカミしながら、
23分で終了しました。
理事者の方も、より深い答弁をしてくれたのは、とても悲しい
と涙がとりあえず出る感じでした。
現場の声を。と、答弁者の今後を期待して、両目を開けて
これからもしっかりと見つめていきます。
応援に来てくださった方、ありがとうございました。楽しい

本日終わりました

一般質問無事終了しました。
前半、早口で「わぁーっ、時間余ってしまう」と、
慌ててトーンダウンして、途中カミカミしながら、
23分で終了しました。
理事者の方も、より深い答弁をしてくれたのは、とても悲しい
と涙がとりあえず出る感じでした。
現場の声を。と、答弁者の今後を期待して、両目を開けて
これからもしっかりと見つめていきます。
応援に来てくださった方、ありがとうございました。楽しい

いよいよ議会スタート

大変 ご無沙汰しています。
本日より第二回定例会がスタートです。
私は、この定例会で、一般質問をします。
二回目なので、かなり気合を入れています。
質問内容は、
 ・福祉・介護現場の人材不足の対策について
・地域密着型サービス事業について
 ・委託・民営化における雇用安定施策について
 ・統合型地理情報システム(GIS化)について
 ・地域の新しい担い手推進施策について
 ・学校の特色つくりと中学校選択制について
 ・10月より開始される清掃事業について
                    以上
かなりの盛り沢山ですが、大きな声と最後まで、
しっかりとやりたいと今から楽しみです。
区長や理事者がなんと答えてくれるでしょうか。
皆さんも是非、傍聴してください。
日時は、6月4日(水)15時~15時45分です。
オンデマンドで、1週間後には、HPで観ることができます。
お楽しみに!

青梅インターチェンジを見直す市民の集いに参加して

上石神井南の「リプス」にて、青梅インターチェンジを
考える市民のつどいに会派の一員として参加しました。
他の会派も参加して、自公を除いて都議の方も参加していました。
白熱した区民の皆さんの住まいを守りたいという関町の皆さんの
気持ち伝わりました。
私は、今、街道とケヤキとの意味と大切さを見つめているので、
青梅街道のケヤキが70本伐採されてしますこと。
本当に、樹は大切です。
わが町のマルエツのケヤキも伐られて、びっくり悲しい
の気持ちまだ忘れられません。
無能な自分を知りました。ポロリ
樹が言っています。「伐らないで!」と……。
1本100万円で、移植できるのです。
日銀跡地の100億円と樹一本の100万円、
何とかならなかったのかなー。
自責念が一杯の私です。
それだけに、何とか、伐られてしまった木々のために
青梅インターチェンジの見直しに尽力を尽くしていき
たいと思いました。