月別アーカイブ: 2012年5月

「練馬型てんでんこ」勉強会に多数の参加者の中、無事終了

5月27日(日)14時~16時 谷原の総合教育センター 参加者 39名 と盛会のうちに無事終了しました。

当日の流れは、
 13:45~   「東日本大震災の記録」のビデオを視聴
 14:00~   「練馬区の特長は?ー災害対策に向けた、環境のデータからー」
   15:00       練馬区震災対策課 毛塚課長より
 
 15:00    グループディスカッション 「あなたの身の守り方は?」
  ~15:25    「てんでんこ」の意味とまとめ 
 15:35    「てんでんこ」東北視察ツアーの説明会 
  ~15:45
  15:50    閉会 

 区民の皆様からも質問が出るなど、真剣に区の話を聞き、ディスカションでは、活発な話し合いがされていました。
 
 さて、ねりまの助産師会「SONGOサロン」代表の方から、
  「練馬区の地域防災計画の中ではは、医師会や歯科医師会・薬剤師会らと協定がなされているが、是非とも私たち助産師会ともお願いをしたいのだが・・・・・・。」とのメッセージをいただきました。

 確かに、医療面での協定はされていますが、特に、弱者である妊婦さんや子育て中の家庭への支援対策に、専門分野の体制がなされていないですよね。 これは、早急に対策を考えていきたいと思います。とても良いアドバスと要望をいただきありがとうございました。

 そして,「てんでんこ視察」を開催します。
 日時は、6月30日~7月1日の 一泊二日 35,000円ほどかかりますが、クラブツーリズムのパックです。
 内容は、【一日目】  
 東京駅(8:08-9:30)- 【新幹線】-【途中乗車】大宮駅- -仙台駅- 【移動時間約40分】- 
 塩釜- -(津波の緩衝となった島々をめぐる「松島湾遊覧船」)- 松島(さかな市場でおい物)- 【移動時間約80分】-南三陸温泉(泊)
 ※16時30着予定 リアス式海岸志津川湾を一望する高台に立地する絶景ホテル {宿泊 : 南三陸ホテル観洋 0226-46-2442}
 【二日目】
 南三陸温泉- 【移動時間約160分】-<三陸海岸たどる国道45号線を北上/気仙沼・陸前高田「一本松」・大船渡など車窓から視察>- -釜石
 (港を見渡す高台から「湾口防波堤」を一望し、被災地を視察/地元震災体験ガイド同行)- 【移動時間約90分】-浄土ヶ浜(保たれた美しき景観)
 【移動時間約50分】-小本- –<11年11月現在、一部手旗信号で運行中「三陸鉄道」>– -宮古- 【移動時間約160分】-盛岡【新幹線・禁煙車】-
 【途中下車】大宮駅- -東京駅(20:30-22:08)  

 なかなかハードですが、当時の状況の様子の語り部や三陸鉄道に乗車するなど、ハードですが、中身のあるコース思います。 是非、一緒に参加してみませんか。

 直接申し込みもできますが、私からもまとめて申し込むこともできますので、お気軽にご連絡ください。

 

 
  

     

「練馬型てんでんこ」勉強会 PART 1

地震だ~! 竜巻だ~! 自然災害に
「地域の特長や身の守り方をあなたの知っていますか」

この度、下記の日程で、日頃から気になっている「防災対策」について、練馬区の土地の特性や環境をデータに基づいて報告を行い、皆さんの身近な環境の中での不安が解消できる一助となれるよう、また、いざという時にそれぞれの身の守り方の方法「練馬てんでんこ」の勉強会を開催致します。お忙しいこととは存じますが、万障お誘い合わせの上、お運びくださいますようご案内申し上げます。   

1.日時 平成24年5月27日(日曜日)
     午後2時~4時
2.場所 練馬区立総合教育センター2階 講座室3・4
      練馬区高野台2-25-1
     総合体育館前バス停徒歩3分
3.講師 練馬区職員 国会議員 他
4.会費 無料 定員50人   ※駐車場あり  

{申込み方法} FAXまたはメールにて申込みくたせさぃ。
       当日の参加は、定員状況により対応可能とさせていただき
       ますので、ご了承ください。

お申込み書・チラシはこちらから

{タイムテーブル}
13時50分 受付開始 ※東日本大震災の記録ビデオ視聴
14時10分 開会
     練馬区震災対策担当課長より
    「練馬区の様々な情報を提供、その後質疑応答」
15時   グループディスカッション
     ※自分たちで出来ることは、何か?を話し合う。
15時30分 「東北被災地に視察」研修の内容についての説明会
15時45分 閉会

多くの方々の参加をお待ちしております。

JUGEMテーマ:ニュース