練馬区ねり丸プレミアム商品券販売開始

  本日、区民生活委員会にて報告がありました、練馬区では、
 本日より、これまでのプレミアム商品券を「ねり丸商品券」
 として販売開始となりました。
 広報代に300万円・発行費に500万円ほどの経費が掛かり、
 商店街振興をねらい、人気なため、すぐ売切れるとのこと。
  主な流れは、
 1.発行額:5億円(額面総額5億5千万円)
 2.販売価格:1組10,000円(1,000円券11枚綴り、
         額11,000円)  ※1人3組30,000円まで
 3.販売組数:50,000組
 4.販売開始日:平成23年6月20日(月)
 5.販売場所:日本郵便(4支店58局)、JA東京あおば
   (区内14支店)
 6.販売時間:販売場所の窓口営業時間内
   (土、日、祝休日は休み)
   ※ただし、日本郵便4支店
   (練馬・光が丘・石神井・大泉)では土曜日も販売
 7.有効期限:平成23年12月31日(土)
 8.使用場所:商品券取扱店約2,000店舗
       ※練馬区内共通商品券取扱店のステッカーを掲出
 9.助成額:6千6百万円(プレミアム分5千万円を含む) 
       の流れで、行われます。
 これまでのアンケート結果から、金券として、購入者の利用
 アンケートの結果では、主に、
  ・食料品小売  82.34% 
  ・その他小売  40.96%
  ・飲食店     18.03%
  ・サービス業  11.65%
  ・コンビニ    10.07%
  ・その他     12.16%
          で利用したという結果が出た。
 そこで、懸念していることがあり、私は行政に質問をした。
 Q.この金券を使用して買い物をした場合、1000円以下の
   ものの購入でもつり銭を出すのか。
 A.金券なので、当然そうなります。
 Q.つまり、1000円券で、現金のつり銭を出すことから、
   コンビニなど
   レジスターを使用して、しっかり売上管理している
   ところでは、換金を含めて、苦労されているのでは
   ないか?また、苦情などは出ていないか?
 A.苦情などは聞いていませんが、確かに、少々面倒では
   あるとは聞いています。
 金券も1000円券のみではなく、500円券も入れるか、金券
 以上のものを購入していく条件にするなど、総意工夫も行わ
 なくては、商店等の本当の活性が得られないのではないだろ
 うか・・・・・・。

練馬区ねり丸プレミアム商品券販売開始」への1件のフィードバック

  1. 初めまして、練馬区在住の者です。
    ブログを拝見いたしました。
    プレミアム商品券、利用する側としても500円づつ使える方が便利だと思います。
    500円未満の買い物をした際に、お店の方からいちいち
    「釣り銭は500円券+αになりますが宜しいですか」などと説明されるのが煩わしく感じています。
    まだ経験はありませんが可能性として、釣り銭で渡される500円券の期限が
    プレミアム商品券の期限よりも短かったら、使い忘れて損してしまうかもしれないなんて不安があるので、
    現金じゃダメなのか聞き返すと、面倒くさそうに「できないです」なんて言われたりして、
    そのお店を次ぎに利用する気がなくなります。
    中には、レジをガチャガチャ音を立てて、苛立った態度をみせる店員もいます。
    申し訳ないなと思いながら100円の買い物をするのも、だからと余分に買い物をするのも変な話です。
    発行側が地域活性を目的としていても、使う側からしたら節約のために購入した商品券なのに。
    はじめから500円券なら、こんな思いはしなくて済むのになとも思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です