まずは、春の選挙総括を

4月の統一地方選挙よりこのブログへの掲載が滞ったままで申し訳ありませんでした。
フェイスブックは、身近なことを含め、アップしているのですが……。
さて、8月2日号の日本再生「がんばろう、日本」の機関紙に「統一地方選挙を終えて」の総括として
これまでの経緯と、これからの思いを掲載させていただきました。ぜひ、お読みいただきご意見をいただければ幸いです。
また、現在、第三回定例会の会期中です。この度、平成26年度の決算委員会の副委員長を務めさせていただきます。
定例会終了後、地域の皆様に議会報告をして参りますので、どうぞよろしくお願いします。

統一地方選挙を振り返って                練馬区議会議員 白石惠子

 今4月の選挙にて、「区民に寄り添う区政」を求めて三期目を務めさせていただくことになりました。多くの方々の支援をいただき大変感謝しています。
議員初当選から今日までの経緯を振り返り、総括することで、地方議員としての役目・立場・責任を今回の寄稿により、自らを検めて見つめ直させていただけたことに感謝申し上げます。

◆初当選から今日まで
平成19年の統一地方選挙において、練馬区議会議員に初当選をし、二期7年間の議員生活の中で、2年間会派幹事長職を務め、丸8年のキャリアを持ち、今4月が三期目の選挙となる予定でした。
ところが、昨年、練馬区長の突然の逝去により首長選挙が行われることになり、幾筋かの経緯を経て区長選挙に立候補となったのです。議員辞職から選挙の準備、そして四万余票を頂きましたが次点。以後、一年間、外野席から「日本の政治、地域の政治」を見つめさせて頂きながら、福祉の現場で汗を流しておりました。

◆なぜ、首長選に出馬したのか? 結果は?
当時の流れですが、私は会派の幹事長として、自民・公明党会派の候補者に対立するべく候補者を一名に絞る調整役に徹し、一ヵ月を要して擁立に向かっていましたが、結果は不調に終わり、調整役も終了することとなりました。 
 その後、民主党の会派として、応援ができるような出馬候補者がいないことから、独自の候補者を出すべきでは? となり、派内のバランス等が熟慮された結果、私が推挙されることになったのです。もちろん、出るからにはお義理ではなく、自分自身の心も「地域のために、さらなる尽力をしたい」との決意を固めました。わずか3週間の立候補準備となったわけですが、日々充実しておりました。結果は、4名の出馬で、一週間の公式選挙活動期間中は、『女性区長の誕生か?』の大きな期待や盛り上がりを感じ、周囲はひょっとしたら……。との空気でしたが、投票率は31.68%と低く、次点に終わりました。重要な選挙にも関わらず、有権者の関心の低さと政治への乖離の現実に痛感をしました。
勿論、首長選に出ることは簡単ではないことも承知していましたし、当然「担ぎ上げられたのでは?」と心配をされる声もありました。また、夫や家族の協力なくしては無理な話ですから、その点もよく考え、話し合いました。また、一部の人からも「落選しても一年後はまた区議会議員選挙があるから、名前を売るには丁度いい」等の楽観論もありましたが、私は、それよりも自身の気持ちの中で、ある意味、チャンスと考えたのだと思います。
52歳の時、自身の行っていた『保育・介護』の福祉事業者の経験を活かし、区政に現場の声を入れたい一心で、政治の世界に入りました。そして、区の状況・主権者のあり方・議会の望ましい姿等を『がんばろう日本』や様々なセミナーで学ぶ中で私なりの活動をしてきましたが、なかなか現実は難しく、力の限界や活動へのわだかまりや狭間で悩んでいた時に、区長の急遽、首長候補者へのオファーの流れは、選挙費用・支援者へ理解・勝算分析、戦略等……、決して一人では戦えるものではない選挙だけに、挑戦が出来ることは、むしろありがたい気持ちでした。そして、何かを変えることができるかも。という気持ちも強かったのだと思います。

◆「区民に寄り添う政治」へ3度目の登板
選挙結果は前述の通りで、落選すればこれまでやっていた本業の福祉事業に戻るだけと、活動等の達成感もあったことから翌年の統一地方選への再出馬への思いはありませんでした、といったところが正直な気持ちでした。でも、政治に関連する勉強は好きでしたので、引き続き関心のあるセミナーや党の活動にも参加をしていました。
多くの方からは「また、立候補するのでしょ」「勿体ないよ」「今度で三期目でしょ。まだまだ……」と温かい言葉をいただき大変うれしい思いでしたが、気持ちの上で、進退を決めることが出来ず、笑みだけを見せていました。
そんな私が再出馬を決意したのは6ヵ月後の10月末頃でした。
多くの方々からの期待をされている言葉をいただいたこともありましたが、私の政治の原点である福祉分野が、大きな変革を迎えようとし、特に基礎自治体への責務と権限移譲が明確に示されていくことから、今後はより現場の声が区政に反映されることが必要であり、それが私の役割ではないか……と、やはり政治に関わりたいという思いが湧きあがったからです。
 今6月、1年間のブランクでの初登庁。議員間や行政職員の視線が気になりましたが、去年のことは過去のこと、新たに選出されてきた議員として変わりない関係に安ど感もありましたが、一方で、気持ちの中で、迷いのないむしろ良い意味で、腹が据わったという冷静な気持ちになっている私自身がいました。
 それは、この一年間、区政や議会を客観的に見つめられたこと、首長選挙からの貴重な経験を積むことができ、大変ありがたい成果と感じています。

◆政治に対して、主権在民意識が高まる。
 今、国会の安保法制関連法案がネット上も含め様々な報道・コメント等から国民の意識や関心の高まりを見せています。SEALDs(シールズ:Students Emergency Action for Liberal Democracy – s)・高校生グループによるティーンズ ソウル・子育て中の母親たちでつくるグループ「安保関連法案に反対するママの会」等々。主権者としての意識の高まりは、政治の原点である「主権在民」を政治家らに気付きを与えたのではないでしょうか。
戦後70年となり、個々の政治思想・信念・姿勢はあるのは当然ですが、まずは、政治家が市民の代表だからと事を進めていくのではなく、しっかりと今なすべき行動を生活者と同じ視点に起ち行動する姿勢が求められているのだと思います。
日々の『がんばろう日本』の啓発活動や有識者のメッセージは、「市民が社会を動かす」体制となるよう地道な活動をされていたことであり、私自身も励まされてきました。これからもそれに向けての努力をしていきたいと思います。

◆なぜ、女性議員が少ないのか?
政治は生活であり、男女参画社会の政策としても女性の社会参加・活用と高らかに示すも、社会的にも政治の世界でもまだ男性要素が根強くあるといえます。
女性たちは、仕事・出産・子育て等が当然という生活状況の中で、選挙に出馬するということは、とても優秀な方でもなかなか難しく大変なことです。ですが、政治に女性の視点や発想は重要であり求められています。
北欧のような仕組みが望ましいとは言いませんが、少なくとも女性が「社会参加・活用」の言葉を使わなくとも、政治の世界にも参画できるような社会つくりに尽力していくことが私のもう一つの目標となりました。

区民集会に参加してみませんか。

先の沖縄県知事選挙は、県民の声が反映された新たな時代を感じる選挙でした。
そして、今回の衆議院議員解散選挙。全く、国民を無視した意味のない選挙と失望しています。
8%の消費税の説明と対応不足。経済状況を数字でしか視ていかない安易な計算。財源が豊かな時は、福祉を法で縛り管理下に置き、財源がないとなると各自治体に独自性でどうぞ。と聞こえの良い言葉で落としてくる。

これでは堪ったものではない。福祉業を営む者としても好い様に振り回され運営すらままならない。
必要なことは、生活目線と優先順位をもった政策と解り易さ。そのためには、市民参加をプロセスとしていくことが重要と考えています。

12月1日は、そんなテーマでトークセッションをします。是非、お気軽にご参加ください。
日時 12月1日(月) 18:30~20:00 サンライフ練馬 3階 研修室
パネリスト NPO活動家 市民協専務理事 田中尚輝氏
      防災・危機管理ジャーナリスト 渡辺 実氏 
進行役   白石けい子
参加費   無料

12月1日にセミナーを開催します

12月1日に「行政任せから区民参加のねりまへ」と題してセミナーを開催いたします。
パネラーは市民協、専務理事の田中尚輝氏と民主党参議院議員の江田五月氏です。

今、議会に求められていることは? 議員の姿勢・議会の可視化(見える化)・区民の陳情・・・・・・。71万人となった練馬区の様々な問題も行政任せ? 議会人任せ?で良いのでしょうか。自分たちのまちのより良い方向は何かを皆様と一緒に考えたいと思います。お気軽にご参加ください。

区政レポートも完成しました。セミナーの参加申込書も入っておりますのでぜひご覧ください。

2014年秋号

昼間から気軽に飲める街? 京成立石の駅周り

 梅雨入りの中、大雨警報が続いています。それそれのお住まいの地域は大丈夫でしょうか?
本日は、渋谷で用事があり、午後は、夫と待ち合わせで雨降る中、京成立石に足を延ばし、街散策です(単なる美味しいもの食べ歩きですが…)。

 葛飾区の立石駅周りは、こだわりの店が多く、ホルモンや肉・レバーの生刺しが食べられ、酒の値段も安く、何よりも若者たちが、気軽に明るいうちから飲みケーションをしていることです。練馬区にはこんな店あるかなー?
 昼から飲むのは、高齢者が多いとばかり思いましたが、テレビ放映もされたこともあり、料理が安く、うまい。3.4軒はしごしていい気分で大門経由の大江戸線で帰ってきました。
 若い人たちの気軽に日中から”飲みケーション”できる練馬区のまちづくりも必要だな。とつくづく感じた次第です。

防災も備災も、急ぎ取り組むべし。

 6月2日 新練馬区長 前川あきお氏の練馬区議会定例会に向けての所信表明を聴きに行きました。行政改革では、副区長2名とするための条例改正やまちづくりや福祉対策・防災・・・。これまでとの施策との差は感じない。と言ったところが感想でしょうか。特に、防災については、急ぎ取り組むという施策の具体性はありませんでした。早く、地域の住民との取り組むための仕組みが急がれるのに・・・。歯がゆい限りです。
 私は、ハザードラボニュースの情報を取り入れており、日々、地震情報や社会ニュースが入ってきますが、昨日「群馬県草津白根山での火山活動が活発化をしている。気象庁は、小規模な噴火が発生する可能性があるとして、噴火警戒レベルを引き上げた」とのこと。
 これからは、このような小さなニュースでも気を留めていくことが必要ではないでしょうか。というのも、自然の変化を監視していくことで、大きな災害への予兆を捉えられ、準備になっていく、まさしく備災と思っています。
 私の防災の師であり、練馬区住民である渡辺実氏の東京新聞でのコメントについうなずいてしまいました。
是非、皆様もお読みいただきたいと思います。

http://www.machiken.co.jp/dlfiles/01tokyoNP20140425.pdf

練馬区長選への総括と今後

 先の練馬区長選を終え、ただいま事務整理と届け出書類の作業をしています。
また、多くの方々のご支援をいただき、いく所々の場所に参加していく中で、その感謝のご挨拶もしております。その席では、どなたも選挙状況の分析と期待の対話で盛り上がり、その声のありがたさと今後の自身の進退を明確にしていくべきことへの意思も示しております。
 練馬区議会議員時代の同じ会派の土屋均氏のブログでも今回の区長選の総括を掲載させていただきました。ご覧いただきたいと思います。
 

<練馬区長・区議の補欠選挙を終えて>
志村豊志郎前練馬区長が2月に急逝されたことによる区長選挙ならびに区議会議員の補欠選挙が4月20日に行われました。

 結果は、前川あきお(自民・公明推薦)77,651票、白石けい子(民主・維新・生活推薦)41,047票、池尻成二28,372票、菊池ひろし(共産・新社会推薦)27,452票で、東京都で福祉局長などを務めた前川氏が当選し、私たちが推薦した白石氏は残念ながら次点に終わりました。
 練馬区では東京23区の区長公選制が1975年に復活した後も、歴代の区長は役所の出身者が務めてきました。役人上りの区長ではダメだというわけではありませんが、私が区議会議員になってからの7年間、とかく街づくりや道路事業などにおいて行政主導の区政が行われてきたことを痛感しており、住民参加型の区政に変えていくためには、民間出身の区長が望ましいという観点で区長候補を探しました。
 志村区長が亡くなられた後、当時私どもの区議会会派「民主党無所属クラブ」の幹事長だった白石さんと練馬区選出の都議会議員浅野克彦さんが自民・公明以外の会派に野党の統一候補を擁立しようと呼びかけました。その後、何回かの会合を開いて、候補者の調整を行いましたが不調に終わり、共産党推薦の菊池氏が名乗りを上げ、次いで池尻氏が立候補を表明しました。
 この時点で私ども民主党の選択肢は①すでに名乗りを上げた人を支援する、②支援候補を決めず自主投票とする、③独自の候補を立てるという3つになりました。私自身はこれ以上の野党分裂は避けるべきという思いがありましたが、統一候補が不調に終わったこともあって「主戦論」が大勢となり、その後、白石さんが意欲を示して党も全面的な支援を決めたことで、主体的に選挙を戦うことになりました。
 白石候補擁立に対しては、「なぜあえて自民・公明の候補を利するようなことをするのか」という批判もありました。確かに、落選した3人の票を合わせれば前川氏の票を上回ります。仮に「一騎打ち」の選挙になっていたとしても、野党候補が勝てたとは言い切れませんが、その可能性は高まったはずです。
 統一候補の選定にあたり、当初から民主党は「黒子に徹する」ということで、それぞれが納得できる候補を選ぶことを提案し、その通りに行動してきたと思います。結果として独自候補を立てることになりましたが、それは所期の目的が達せられないことがはっきりしてから決めたことです。
 今回の31%台という低投票率や開票結果をみれば、少し乱暴な言い方ですが、野党統一候補を立てられなかった時点で、勝敗は決まっていたと言わざるを得ません。もちろん、私たちを含めてそれぞれのグループにはそれぞれの主義主張があり、それを実現するために候補を立てることを誰も咎めることはできません。ただ、本気で区政の流れを変えたいのであれば、現実を見据えた対応も必要であり、小異を捨てて大同につくべきだったと思います。
 いずれにしても、選挙結果は出ました。いかに低投票率とはいえ、それも含めて民意であることを肝に銘じなければなりません。また、区議選においても、公認候補と推薦候補の2人を当選させることができず、白石さんが抜けて4人になった我々の会派は、「交渉会派」の要件である5人に満たない状況になりました。
 しかし一方では、最も短い準備期間の中で、白石さんが獲得した41,047票の重みと可能性も感じています。それを無駄にしないためにも、初心に帰って改めて区民の声に耳を傾け、区民が主役の行き届いた区政を実現するために、新たなスタートを切りたいと思います。

ありがとうございました。

3月末、練馬区長選に出馬決定をし、色々な意味でこんな忙しい選挙は過去にやったことも見たこともない。と誰もが口にし、どうなるかと不安の中、多くの人に助けられ、書類も間に合い、13日の告示日からは、思いっきり練馬区中を走ることが出来ました。本当に感謝いたします。
さて、41,047票というご支援の大きさには達成感と充実感はあるものの、活動での分析と反省もしていかなくてはなりません。

やはり、活動時間が足りませんでした。
私の「保育と介護」の福祉分野は、実践しているからこその強みであり、社会的な話題性を利用した他の候補者とは、視点が全然違ってい政策展開があります。
保育園が足らないとか、待機児童数を「0」にするとか、聞こえの良い話をしますが、箱モノを作り上げていくには、時間がかかるし、財源的にもすぐ実施できるような状況ではありません。それよりも既存の資源を使う。つまり、地域の状況に合わせた資源とマンパワー(社会参加を希望される高齢者など)をジョイントしていくことで需要と供給の関係を速やかに施策として掲げていく。

また、介護分野においては、基礎自治体の措置から事業者に区の補完的役割となっているにも関わらず、保険者の姿勢が足らない。事業者の人材不足や運営安定がない状況、特に、医療・介護・保育の従事者への環境整備を区の支援を進めていくべきなのです。
特養の待機者問題も、特養を増やせば、介護保険料の増額となること、在宅で誰もが過ごしたがっていること、など。、在宅介護・医療の仕組みをわかりやすく区民に提示し、区民一人一人の意思を確認していくことが重要なはずです。

と福祉の分野だけでも、他の候補者との違いを集会を通すなどで説明することができればと感じています。

また、危機感ばかりを言わず、夢を少し言うのも大切と言われました。
確かにそうですね。「私なら、〇〇をしますよ。」等?。5分~10分のスポットで耳を傾けてくださる方と通り過ぎる方に、どのように思いや政策を伝えていくかは、大事なポイントです。脅かしている言葉を使っているつもりはありませんが、現実的なことばかりだけではない部分も必要でした。

私は、区長選に参加できたこと感謝しています。
若いパパやママたちに「選挙に行きましょう」【お母さん区長です】と注目してもらえる語りに理解・共感を得られるような年配の方々のうなずく様子やバギーを押しているママやパパらが笑顔や手を振ってくれるようになったり、政策ビラを受け取ってくれるなど、本当に手応えを感じた選挙でした。
一緒に活動したスタッフらも疲れを感じない。楽しいです。と毎日会うのが楽しかったです。そして、女性議員団の多くの参加は心強く華やかでした。
残念ながら、負けてしまいましたが会う人会う人に「お見事!」「健闘したね」「是非、次も頼むよ」「貴方は、政治の世界にいるべき人なので、このままで終わらないで」等々。
ありがたい言葉です。
しばらくは、私の原点である「ぽかぽか保育&介護」の現場で働きながら、前区議としての政策員としての手伝いや子育てセミナーやパネラー・講師などをしていくつもりです。
こんな私がお役立てとなる場所があれば何なりと協力していくつもりです。

まずは、報告と感謝を申し上げます。

練馬区長選に出馬の決意をしました。

4月13日が告示の「練馬区長選挙及び区議補充選挙」が行われます。議会の中も賑わしが起きています。その中で、私の会派として、他の会派および政党等に、あさの都議と調整すべく擁立に尽力をしてきましたが、現在では、3名の男性の候補予定者が表明をしている状態となり、擁立困難ということから、交渉は解散となりました。

 そのような流れの中で、民主党としてどうするのか。の声が聞こえた来たこと。男性だけの候補者では、投票率が低いことは当たり前とのデータもあることから、組織力の強いところが勝つと言われています。でも、それでいいのでしょうか。何かおかしい。そんな気持ちが湧いてきました。

なぜなら、このような状況では、今後の練馬区がどのようになるのか。以前の変わらないままの練馬区の状況がみえてきています。これでは、区民はますます無関心になる。政治がよどんでしまう。区政が疲弊してしまう。同じ政治家として、議席にいることも恥ずかしい。と思うようになりました。

「負けるとわかっている所にもったいない。」との声も多くいただきましたが、

女性が候補者になることで、有権者の意識と選挙への参加をしてもらいたい。若い世代も関心を持ってもらいたい。

そして、何よりも、私自身の行ってきた保育室・介護の分野は、今後の重要課題となるだけに、現場からの声として、しっかりと取り組むには、私の年齢と経験が活かすことができる時期と思っています。また、今後の財政状況も決して予断を許されない状況であることも、区民とともに考える公開性・透明感のある区政にしていきます。

このように、これからは自治の分権の役割とあり方、区民の皆様との傾聴の精神を区政に活かし、庁舎から外へ、地域に。とフットワークの良い、女性の視点も取り入れた区政を目指して参ります。

準備時間が足らず、知名度もありません。ですが、今回の選挙は、知名度がないことは同じ条件です。投票率が低くならないよう、しっかりと真の民意を有権者に示し、これからの練馬区を託せる区長選挙に向けての活動をして参りたいと決意をいたしました。

是非とも、ご指導・ご鞭撻を賜り、ご支援いただけますようお願い申し上げます。また、選挙活動には、どうしても人手が必要となります。ボランティア参加は大いにうれしく思います。少しでもお時間がありましたら、選挙活動のお手伝いをしていただける方は、どうぞ、こちらの返信メールにお名前・連絡方法をお願いいたします。とにかく頑張ります。