成年後見制度の家裁見学と委員会の視察報告

 26日に「成年後見制度」の家庭裁判所見学をしました。
 申し立て人の手続きやこれからの高齢者・障害者など
 必要な事柄としては、行政も含めて、周知と推進をし
 ていくようなしくみが急がれると思います。
 
 もともと、この介護保険制度が導入されたときに「権利
 擁護と成年後見」を充実させて、契約に対してもしっか
 りと本人の意向に沿って機能させるはずでした。が、
 日本人の古来の考え方に合わないこともあり、なかなか
 制度が定着していかないという実態が続き、練馬区でも
 区長申立てにより件数が伸びていることが主になって
 います。決してこのかたちがいいとはいえません。
 行政が今後どのようにしていくのか、そして、区民と
 しても自分のことのように考えなくてはいけないと思い
 ます。第四回の議会においてはこのことも質問する
 つもりです。
 さて、27日~環境まちづくり委員会の視察をして参りました。
 福岡の大野城市では「市民参加のまちづくり」で公園整備を
 都市計画マスタープランに位置づけ、市民の声を充分に取り
 入れて整備をしていく手法とのこと。
 この期間に最高3年間あり。即決な動きはしていかず、専門
 のコーディネーターも参加するなどから丁寧な動きで進める
 ことに感激しました。近隣との関係もあり、その労力は、
 大変なことだけに、まちづくり協議会の構築の本当の意義を
 感じました。
 28日は、長崎市の斜面地のまちづくり事業です。
 これは、長崎特有の斜面地に立てられた老朽化した空き家
 対策に条例をつくり、寄贈された土地を行政が整備し、市
 民の為のひろばとして活用する。この時の問題として地権者
 の関係は?と質問。すると、この斜面地に家を建てた後の再建
 設はお金がかかり、市民にとっては、負の財産となり、市が
 行ってくれることで助かるとのことから行える事業となった。
 
 また、エレベーター等を設置して、傾斜対応の市民の足と観
 光促進に一役となると乗車したら、グラバー庭園に着きました。
 これもなかなか良かったでしたね。
 これらの経験をぜひ活かしていきたいです。
 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。